「見えない」女性の引きこもり 家事手伝いや主婦と何が違う? 人生を分けた29歳の焦り(結婚・恋愛ニュースぷらす)

「見えない」女性の引きこもり 家事手伝いや主婦と何が違う? 人生を分けた29歳の焦り(結婚・恋愛ニュースぷらす)

あわせて読みたい

「見えない」女性の引きこもり 家事手伝いや主婦と何が違う? 人生を分けた29歳の焦り

WS000003

1:七波羅探題 ★:2021/04/12(月) 19:27:46.09 ID:ZCTkPj6G9.net

「引きこもり」というと、まず男性を思い浮かべる人がほとんどだろう。しかし、15歳から39歳までを対象にした内閣府の調査(2016年発表)では、引きこもり54万1000人のうち、女性が36.7%を占めている。統計では「専業主婦(夫)や家事手伝い」「ふだん家事・育児をしている者」は引きこもりの定義から除かれているが、社会では紛れてしまい、女性の引きこもりは外から見えにくいという特徴がある。

「自分では、引きこもりというよりニートという意識でした」。井原萌さん29歳(仮名)。定年後に再就職した父親と、パート勤めの母親、大学生の弟とともに実家で暮らしている。萌さんは現在、ホテルのベットメイキングのアルバイトをしているが、その前に1年半の引きこもりを経験した。短大を卒業した後に勤めた会社を辞めると、部屋でネットサーフィンをして一日を過ごすように。家族ともあまり話さず、友人とも会わない。そんな生活をだらだらと続けていくうちに、いつの間にか1人で生きていく自信を失い、気が付いたら1年半が経っていたという。

AERAdot.4.12 11:00
https://dot.asahi.com/dot/2021041100010.html

元記事:https://ift.tt/3dXANlM

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

結婚・恋愛ニュースぷらすカテゴリの最新記事