私「ピラフと白いご飯どっちがいい?」 夫「どっちでもいいよ」 私イラッ 夫「じゃあピラフ“で”いいよ」(結婚・恋愛ニュースぷらす)

私「ピラフと白いご飯どっちがいい?」 夫「どっちでもいいよ」 私イラッ 夫「じゃあピラフ“で”いいよ」(結婚・恋愛ニュースぷらす)

あわせて読みたい

私「ピラフと白いご飯どっちがいい?」 夫「どっちでもいいよ」 私イラッ 夫「じゃあピラフ“で”いいよ」

WS000029

1:砂漠のマスカレード ★:2021/05/19(水) 00:15:39.59 ID:yW/dbuMI9.net
仕事仲間の共働きの女性編集者は語る。「夫に頼んだご飯の後片付けは、待てて一時間。彼の「ちょっと」がいつまでなのかがわからないと、一日終わって疲れているときは特に待つ気にもなれない。まして、「今やろうと思っていた」なんて言われると、「絶対思ってないでしょ」っていう気持ちになる」。

こうしたコミュニケーションにおける配慮は、仕事の現場だけでなく、夫婦間でも必要だ。曖昧な表現を意識して避けることで回避できるもめ事は案外多いはずだ。

以下はTwitterで育児の話をしているtomeさんのツイートだ。

———-
そして本日の夫。
私「ピラフと白いご飯どっちがいい? 」夫「どっちでもいいよ」
私イラッ「どっちでもいいじゃなくて選んでよ」夫「じゃあピラフでいいよ」出ましたーーーーーー! ピラフ「で」食わんでよろし!
———-

tomeさんのどちらがいいかという問いかけに、「ピラフがいい」と答えればことは穏やかに終わったはずだ。夫の答えに、妻は「ピラフを食べたい」という夫の前向きな気持ちを感じて、気分良く調理に取りかかっただろう。ところが、これを「ピラフでいい」と言ってしまうと、事態が一転する。

発言している側は、さしたる悪意もなく、軽い気持ちで言っているに違いない。しかし、「が」と「で」の違いは天国と地獄ほど大きい。というのも、「でいい」という言葉の裏に、「簡単なものを選んであげてるでしょ」「妥協してあげたよ」というネガティブなニュアンスを感じる人が非常に多いからだ。

5/17(月) 11:16
https://news.yahoo.co.jp/articles/06296b0bff8d53b8abd72b9cc9fda9998f9105b5

元記事:https://ift.tt/3opHEJG

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

結婚・恋愛ニュースぷらすカテゴリの最新記事